【 保育理念 】

児童福祉に基づく運営の中で、暖かいまなざしでこどもを見守り、「ありがとう。」「ごめんなさい。」が素直にいえる、優しい心を育む保育を理念とする。

【 保育目的 】

生き生きとした遊びの体験や、たくさんの絵本との出会い、様々な人とのかかわりの中で、相手を思いやり大切にする心と、自らが考えようとする力を育てることを目的とする。

【 保育目標方針】

・安全で保健的な環境を整え、健全な心・体・生活に必要な基本的な習慣態度を養い、主体性を持って意欲的に生きる力の基礎作りをする。

・向上心をもって専門性を磨き協力しあって保育内容の質を高め、こどもの自己発揮を導き、発達要求に適切に応えられる豊かで充実した保育環境を保障する。

・保育のスキルを活かしながら保護者との相互理解や信頼関係を構築し、こどもの家庭生活を視野に入れた養護と教育の一体的な保育展開をする。

・絵本との深い関わりを通して、こどもの内面世界・感性・言語への興味を豊かにして思考を育て、相手の想いを理解する力と表現する意欲や創造性を培う。

・一人一人のこどもの発達を長期的なビジョンで見据えながら、地域社会との交流や連携を積極的に行い、道徳的で社会的な育ちを見守り、自己を大切にし相手を尊重する心を育てる。

・自然・生命・社会の事象にふれさせ、知的好奇心や環境への関心の芽生えを培い、仲間との生き生きとした遊び体験から、主体的な学びや学び合う姿勢を引き出す。