新着情報

2011年01月31日

1月の誕生会★

1月26日(水)
1月生まれのお友だちの“誕生会”を行いました。








バースデーソングをうたい、「おめでとう」の言葉をおくって、みんなでお祝いしました。

今回の司会担当の境田先生からのプレゼント(アトラクション)は、
3匹のこぶたペープサートでしたよ。

そして、誕生会の後半は、クラス毎の歌の発表の時間です。

今までは、さくら組(年長)、ゆり組(年中)、ばら組(年少)のお友だちのみが発表していましたが、今回は進級に向けて、もも組2歳児のお友だちも歌の発表に挑戦しました。


 もも組 2歳児
 うた 「手をたたきましょう」♪





もも組のお友だちは、初めてとは思えないほど、上手に発表していました。
振り付けもあり、表情の変化も多様で、見ていると思わず笑顔になってしまうような、楽しい発表でした。

 ばら組(年少)
 うた 「コンコンクシャンのうた」♪






 ゆり組(年中)
 うた 「北風小僧のかんたろう」♪ 






 さくら組
 うた 「クラリネットこわしちゃった」♪





大きいクラスのお友だちは、もも組さんの素敵な姿に刺激を受け、いつも以上に張り切っていたように思います。



誕生会では、クラス毎の歌の発表以外に、月のうた(毎月1曲、保育園で決めた曲)を全員で歌う時間もあります。
ひなまつり音楽会では、その中から2曲をうたう予定です。
一生懸命練習した歌を、心を込めてうたいますので、楽しみにしていてくださいね。



1月24日(月)
加納天神町にある玉性院(お寺)に建てられた、大きな赤鬼を観に行きました。

途中でバスを降り、玉性院へ向かいます。










  「すごーい!」  「おおきいねぇ」

鬼を観て怖がることはなく、楽しむ様子に安心しました。



玉性院では、無病息災・厄除のおまいりをしました。













 「あれはだれなの??」

← 写真には写っていませんが、塗り絵展示の上部に福の神がおり、子どもたちの視線はくぎづけでした。



2月2日(水)には、園内で“豆まき”をします。
「鬼は外!」「福は内!」と、元気に豆まきができるでしょうか。
また、お知らせしますね。



1月11日
ラップの芯を一本ずつ持って、外の遊具や砂などを叩いてみました。みんなで音あそびを楽しみました。



















ローラー滑り台、お団子コーナーの囲いの木の所、総合遊具、園庭の土など、様々なものを叩きました。
物や場所によって、高い音がでたり、低い音がでたりと、いろいろな違いがありました。


『音、ちがうね。』『いろいろな音するね。
とお話する子や、ただ夢中になって叩く子など、様々な子どもたちの姿が見られました。
その後も、園庭を散歩しながら、”どんな音がするのかな?”と音を楽しみました。





中には、ラップの芯の先を口にあて、笛のようにする子もいました。
そこに息を吹きこみ音を出して楽しんでいる子もいましたよ。



2011年01月26日

雪あそびをしました★

1月14日(金)
雪がちらちらと降ってきたので、もも組のお友だちは先生と一緒に、土間へ出ました。
「きれいだね。」…
小さな雪の粒が降ってくる様子に、指をさしたりし、興味津々の様子。






「きゃ〜っ!!」

1歳児のお友だちは、園庭へ。
先生と一緒に雪の中で追いかけっこをしました。


雪の舞う空間は、いつもとちがう不思議な世界。満面の笑顔で走り回り、とても楽しそうでしたよ。





1月17日(月)


何年かぶりに大雪となり、園庭に沢山の雪が積もりました。
交通情報ばかり気になる大人とはちがい、子どもたちは大喜びの様子。





友だちと力を合わせて、雪玉を転がす子がたくさんいましたよ。



















大きくなった雪玉は、素敵な雪だるまに変身! カメラを向けると、
「自分で作った雪だるまと写真撮りたい!」
と、リクエストがありました。








みんなで記念写真を撮りました★



「せんせー、まて〜!」
と、子どもたちに追いかけられ、先生たちも園庭を走り回りました。先生も一緒に雪合戦が始まりました。








体はホッカホカでも、手は冷たく、何度も「ハァ〜」と息を吹きかけながら、雪あそびを満喫しました。


園庭に積もったふわふわの雪は、子どもたちの足跡でいっぱいになりましたよ



2011年01月14日

1月のおすすめ絵本



 たまごにいちゃん


 あきやま ただし/作・絵

 たまごにいちゃんは、
 たまごから でたくありません。

 だって、いつも おかあさんが
 やさしく あたためてくれるから。
 
 ずーっと たまごのままで
 いたいと おもっていました。

 でもあるひ、いしにぶつかって
 たまごに ひびがはいって
 しまいます。







   年が明けて、今のクラスでの生活も残り3カ月となりました。
   進級・進学をひかえ、子どもたちの心の中には、
   少しずつ新しい世界への期待が膨らんでいるようです。

   大きくなることは嬉しい。でもほんの少し不安。
   たまごにいちゃんの姿に、そんな子どもたちの気持ちが重なります。
   ぜひ、お子様と一緒に読んで頂きたい一冊です。



« 1 ... 131 132 133 (134) 135 136 137 ... 140 »