新着情報

2019年01月04日

2019年のはじまりです

  あけましておめでとうございます













  2019ねん げんきがいちばん!

1月4日の金曜日。
青い空太陽が眩しく輝いています。
子どもたちの元気なお正月のごあいさつで、新しい年の保育が始まりました。










今年も、お陽様が顔を出した日は庭に出て、みんなで思いっきりあそびたいと思います。

  
  
  
  

これからも子どもたちの探求を通じた学びを大切にし、私たちもまた、遊び心をもち 創造的な保育者でありたいと思います。

2019年。どうぞよろしくお願い致します。



穏やかな冬の日です。

2018年も残すところあとわずか。
冬のお休みを前に、2歳児と以上児のみんなが集まりました。

  
  
  
  

年末年始の過ごし方を、子どもたちとのんびり楽しく話し合いました。
園長先生のお話に、子どもたちは聞き入ったり、笑顔がこぼれたり、とても素敵な時間が流れました。
来る年も、きっと楽しい良い年になりそうです。

0.1歳児さんは、お部屋に園長先生がお話に行きました。
みんな上手に聞いていました。元気で新しい年を迎えてほしいと思います。

  

12月28日(金)は、保育納め
無事にこの日を迎えられたことを嬉しく思います。

保護者の皆様、どうぞ良いお年をお迎えください。



クリスマスおたのしみ会を行いました。
子どもたちは 自分で製作した帽子を被り、ホールに集まりました。

  
お話を聞いたり、先生たちからのクリスマスプレゼントのアトラクションを楽しみました。

   
  
  
  
  
  

サンタさんは、きてくれるかな? ”
みんなの願い通り、今年もサンタさんがやってきてくれましたよ。

  
  
  
  

サンタさんは、みんなの質問に答えてくれたり、ひとりずつにプレゼントを渡してくれたり。
サンタさんと、とてもわくわくする時間を過ごすことができましたよ。












そして、今年もアトリエでは、クリスマスギャラリーを開きました。
“ わかばっこギャラリー 2018 ” のワークショップの作品を展示して、おうちの皆さんと一緒に楽しむことができました。

  
  
  
  
  
  
  

今年は、“ わかばっこギャラリー 2018 ” のあとの子どもたちのプロジェクトの展開も ご紹介することができました。

  
  

“ クリスマスギャラリー ” の期間は、“ わかばっこギャラリー ” から、繋がれた温かいアートの時間です。
おうちの皆様とも、子どもたちの活動を真ん中にして、さらにコミュニケーションが深められていきました。

そしてお庭も、やさしい光で飾り付けられました。
この季節だけが持っている不思議な空気感を、子どもたちにも味わってほしいという願いからです。

  
  


  



12月のうたを紹介します

サンタが街にやってくる

作詞 ヘヴン ギレスピー
作曲 フレッド クーツ
日本語詞 神戸 孝夫













“サンタが街にやってくる”は、アメリカを代表する クリスマスソングです。

誕生会クリスマスおたのしみ会では、サンタさんに届くように願いを込めて元気一杯に歌う子どもたちの姿がありましたよ。

クリスマスやサンタクロースの曲は、大人も心がわくわくして、この季節独特の雰囲気を感じることができますね。



“ わかばっこギャラリー 2018 ”では、子どもたちのたくさんの作品を お楽しみ頂きました。
その中でも、身に付けることのできる以上児の子どもたちの個人作品を集めて、発表会をしました。

この日を子どもたちは、とても楽しみにしていたようです。

  
  
  

各クラスのプロジェクトの展開や、どうして この作品をつくることになったのかを先生たちが紹介してくれました。

それぞれの作品には、思い思いのストーリーがあり、どの子も自分の作品に自信を持っている様子でした。

  














友だちの作品を楽しみ、認め合う場所にもなりました。

プロジェクトは、まだ続いています。
子どもたちの活動風景からは、年児を越えて からみ合い 展開している場面もあるようです。

この会は、いよいよプロジェクトのエンディングに向かうための、最後のマイルストーンになったのかもしれません。

  
  
  



(1) 2 3 4 ... 146 »