新着情報

2018年12月06日

わかばっこギャラリー2018

<テーマ>
みんなの すむ ところには

〜まほろばで あそぼう〜















温かく穏やかな晴天でした。

園庭も使っての“わかばっこギャラリー”の開催は、今年で7回目になりますが、お陰様で毎回小春日和に恵まれてきました。

今年のポカポカとした陽気は、光いっぱいの明るさも運んでくれ、子どもたちの作品をよりいっそう輝かせてくれましたね。
みんなのキラキラとした思いも眩しいような、幸せ満ちる若葉保育園でした。

  
  
  
  
  
  
  

きっかけは、5年前に出会った あのイタリアの文字のない絵本から。
“わかばっこギャラリー2018”メインテーマを、その年のテーマとあえて同じにした過程は、すでにプリント冊子でお伝えしているとおりです。

以上児さんたちはもちろんでしたが、2歳児クラスの子どもたちとのディスカッションはとても熱いものでした。
生まれてまだ2〜3年の子どもたちのもつ
引き出しの多さに、先生たちはとても驚かされました。

  
  
  
  

“わかばっこギャラリー”当日だけではなく、これまで子どもたちが どう歩んできたのかは、冊子ドキュメンテーションまたは各担任からのお話で保護者の皆様にはお伝えをしてきました。
そこには、表現活動にとどまらない子どもたちの活動風景があります。

今回の“わかばっこギャラリー”も例年どおり、それまでのプロセスと、これからの展開がとても大切だと考えています。

プロジェクトは、たくさんのトピックを育てながら進みます。
アート化された園庭環境
の中で、子どもたちのあそびは深まるばかりです。

  
  
  
  
  
  
  
  
  

当日は、たくさんの皆様がご来園くださり、若葉保育園の子どもたちの活動を楽しんでくださいましたことに、心から感謝申し上げます。

  
  

ここからのプロジェクトの展開は、また後日お知らせすることに致します。